• 翻訳を拡張する

    ひとつの言語を別な言語へと変換する技術を翻訳と呼びますが、もうちょっと本質的なところをかんがえてみると、ひとつの価値を、そのままでは届いていかない・伝わらないところへつなぐ作業であると言えると思います。そう考えるとマーケティングやデザインといった技術も、よく見ると翻訳にとても近いところにあるので、翻訳だけ、マーケティングだけ、デザインだけ、ではできないことを組み合わせて、広い翻訳を行う会社です。

     

    50の価値しかないものを無理に80に見せるのではなく、ほんとうは70の価値があるけど世間ではどうも35くらいにしか見られてないものの70の価値を伝えて、残りの30をいっしょにつくっていくようなイメージです。

    沿革

    「通訳・翻訳」「アート・デザイン」「マーケティング」といった畑でそれまで別々に仕事をしていた3人が、東日本大震災後に生まれた様々なニーズやプロジェクト、新しい動きに、そのままでは対応できないので組織をつくりましょうということで、2011年11月29日にコミューナ・トランスレーション・デザイン有限責任事業組合(以下、コミューナLLP)をつくりました。

     

    それから約5年後、スタッフも少し増え仕事の規模も大きくなったので株式会社化することになり、平成28年3月31日をもってこれまでのLLPの事業を譲渡し、平成28年4月1日より新会社「株式会社コミューナ」として事業を運営しています。

  • 実績

  • 会社概要

    社名

     

    所在地

     

    電話

     

    メール

     

    代表取締役

     

    設立

     

     

    資本金

    株式会社コミューナ / Communa Inc.

     

    宮城県仙台市青葉区一番町一丁目12-2 星光堂ビル6F

     

    022-398-5395

     

    info@communa-td.net

     

    齋藤高晴(取締役:笠間建、堀井瑞日)

     

    2011年11月29日 コミューナ・トランスレーション・デザイン有限責任事業組合設立

    2016年2月19日 法人化

     

    1,000万円

すべての投稿
×